2024-07-06

Microsoftアカウントのページが開けない

Microsoft アカウントのWebページを開こうとすると、次のような間抜けなメッセージが表示されるだけで、まともに開けない現象に悩まされている。

問題が発生しました。

原因は不明ですが、ページを更新すると解決する場合があります。または、しばらくしてからやり直してください。

ページを更新しても、しばらくしてからやり直しても改善なし。かれこれ1週間ほど問題が発生し続けている。

Mac版のEdgeだからダメなのかと思って、Windows 11の本家Edgeでも試してみたが、そっちでも同じ状況だ。

「アカウント」ページは使い物にならないが、あなたの情報、サービスとサブスクリプション、デバイス、セキュリティ、プライバシーなどの個別のページは直接URL(https://account.microsoft.com/profile みたいな)を打ち込めば開ける。 なんじゃこりゃ。

Microsoft Edgeには、あなたの日常的なAIアシスタント「Copilot」が搭載されている。こんなときこそ相談してみよう。

Copilotさんに事情を説明し、同様のトラブル事例がないか、このエラーを解消するにはどうすればいいか尋ねてみたのだが……

よくあるトラブルシューティング手順のご案内が始まってしまった。

そんな一般的な解決手段は、言われるまでもなく全部試しとるワィ。

聞きたいのはそこじゃないのよ、と、細かな説明をしながら対話を続けたが、最終的に「サポートに連絡しろ」の繰り返し回答になった。 (Copilotはサポート機能を提供していないので人間頼み。)

プロ驚き屋が絶賛するほどにはAIは役に立たないようだ。

仕方ないので自力でエラーの起きる状況を分析してみると、どうやらサブスクリプションの項目を「最新の情報に更新する」タイミングで表示がおかしくなっているみたい。

そういえば、3ヶ月前にMicrosoft 365のサブスクリプションが期限切れになっている。それが原因か?

いやいや、期限切れなら期限切れと「アカウント」>「サブスクリプション」の項目に表示すればいいだけだろ。なぜページ全体を使えなくするのじゃ。

金を払うのをやめたユーザーへの嫌がらせか?

Microsoft Office製品 (Word, Excel, PowerPoint) の利用は、いまや学生でも常識、ビジネスマンの必須スキルらしいが、わたしゃ社会常識がない(フリーランスという名の)無職なのでMicrosoft Office製品なんぞなくても困らない。

お客さんからの要望でやむなく、ごくたま〜に使うことはあるものの、永年サブスクライブなど御免こうむりたい。

とりあえず、フィードバックを送っておいた。 なんとかしてよ、マイクロソフトちゃん。

0 件のコメント:

コメントを投稿