2021-11-06

Touch IDでログインできない

Windowsには Windows Hello という仕組みがあり、指紋認証を使ってPCにログイン(サインイン)できる。いちいちパスワードを打ち込まなくても、指紋センサーに指を置くだけでログインできて便利だ。

初めてTouch ID搭載のMacを購入した人は(Windowsのほうから来ましたな人は)同じことができるだろうと期待する。

ところが、Touch IDを使って、

Macにログインすることはできない

のだ(正確には、macOSのユーザアカウントにログインすることはできないのだ。と、いうべきか)。 Touch IDは、画面のロック解除、スリープ解除に使えるが、ログインには使えない。買ってみて初めて気づく落とし穴。

再起動、電源をオフを含めて、ログアウトした状態にしてしまうと、次回ログインするとき、次のようなメッセージが表示される。

Touch IDを有効にするにはパスワードが必要です。

初めてこのメッセージを見たときは「パスワードならちゃんと設定しているぞ、何をとぼけたこといってるの?」と不思議に思ったものである。

2021-10-28

さいはてのプロファイルマネージャ

業務連絡です。

このたび、Kindle本『さいはてのプロファイルマネージャ』を自己出版しました。 Amazon Kindleストアにて販売中です。

macOS Serverに残された数少ない機能のひとつ「プロファイルマネージャ」、それはアップル純正のMDM (Mobile Device Management) ソリューション。

もはや誰も憶えていないかもしれないmac OS Server、アップル自身も、できれば忘れ去りたいと思っているに違いないmac OS Server、オン・ザ・プラネットで196人くらいしか使ってないだろうプロファイルマネージャ。存在を知ってる人を探すほうが難しいぞプロファイルマネージャ。その導入解説本、いったい誰が読むのだろう。な、ニッチ本。

ぜひ、お買い求めくださいませ。

※この本は、『プログラマのための超手抜きKindle本作法』の手法で制作されています。

2021-10-23

紙の請求書を送ってくるドコモ home 5G

ドコモから(正確にはNTTファイナンスから)郵便で紙の請求書が届いた。 先月から利用を始めた home 5G のものらしい。

いまどき紙の請求書とは珍しいな、と思いつつ中身を確認してみると、しれっと、

請求書発行手数料

なるものが上乗せされている。

無料ならともかく、こちらからは頼んでもいない紙の請求書を勝手に郵送してきて、その分、余計に金払えとは何事か!

もっとも、紙の書類を作成するのに料金がかかること自体に問題はない。ウチの事務処理でも、かなり前からそうしている。本来必要のない作業に対して追加の手間賃を取るのは当たり前。

少額とはいえ、頼んでもいないサービスの料金を請求してくる性根(商魂)が問題なのだ。

アレか、大手キャリアのショップで伝統的に行われている、「いつでも御解約いただいて結構です」と、不要なオプションサービスをてんこ盛りにするのと同じパターン。客が解約するのを忘れて、払い続けることを期待するセコい商売の一環なのか。

ひょっとすると、こちらの手違いで、ものすごく分かりにくいWeb申し込みフォーム(いわゆるクソフォーム)から紙の請求書送付を希望してしまった可能性もあるので、サービス申し込み時のスクリーンショットを見直してみたが、やはり、そのような項目は存在しない。そんなもん、頼んでねーよ!

ドコモインフォメーションセンターに電話して聞いてみた。

2021-10-02

povo2.0 開通

KDDIが打ち出してきた新しいサービスプラン「povo2.0」が、なかなかソソる。 基本料金ゼロ(0)円で、必要に応じてトッピングと呼ばれる追加の通信料金を支払う仕組みである。 トッピングしていなくても、超低速 128 kbpsのデータ通信が楽しめる。

iPhoneに設定するeSIMにおあつらえ向きだ。

サービス提供開始日である9月29日にオフィシャルWebサイトから申し込もうとしたところ、申し込みが殺到しているらしく、受付開始15分後には、受付停止。あっという間に503エラー多発でメンテナンスモードへ。

KDDIはNTTドコモに次ぐ通信大手じゃなかったっけ? 何年通信事業をやっているのだろう。需要予測もまともにできないのだろうか? AIはどうした、エー・アイは。

当日申し込みはあきらめて、翌月、再挑戦。さすがに3日も待てば混雑も解消されていて、トラブルもなく、あっさりと利用可能になった。

ドコモ home 5Gは予約から利用可能になるまで1ヶ月も待たされたが、povo2.0は申し込み手続き開始から利用可能になるまで30分もかからなかった。DX、ディーエックス。

スマホから専用アプリを使わないと申し込み手続きができない(Webサイトからは申し込み手続きができない、eKYCを強制される)点は、いかがなものかと思っていたが、ドコモオンラインショップの申し込みフォームに比べれば天国と言えよう。

2021-09-23

ドコモ home 5G 開通

5日ほど前、先月予約したドコモのホームルーター home 5G HR01 がようやく届いた。予約してから、かれこれ1ヶ月近くも待たされた。

これで、ようやく、間に合わせの自作ホームルーターともオサラバできる。

この商品「本商品は大変ご好評につき」とかいう理由で、発売前から出荷遅延が予告されていた。こういう、しょうもない品薄商法はやめたらどうだろう。そうでないなら需要予測もまともにできないのだろうか? 何年通信事業をやっているのだろう。ドコモって通信について日本の最大手じゃなかったっけ?

今回、初めてドコモオンラインショップを利用したが、私のようなITリテラシーが低い素人には、ものすごく分かりにくく、使いにくい。よく皆んな、こんなWebサイトからサクサク注文できるものだ。年寄りはおとなしく、近所のドコモショップ(実店舗)に行ったほうが悩まずに済むだろう。

2021-09-12

支払い済み料金を未払いだという楽天モバイル

2021-09-11 楽天モバイル回線でインターネットにつながらなくなった。どうもDNSまわりがおかしいようなので、設定を切り替えて、通信障害について情報を収集するついでにmy楽天モバイルにサインインしてみたところ、あれ? 楽天ポイントが減少している

楽天モバイルの通信料金支払い方法を「ポイント払い」にしていたので、その分が差し引かれたのね。と、一瞬、納得しかけたが、まてよ、決済日は毎月12日ではなかったのか? 今は11日の昼間なのだが…… 支払いが早まったのかな。

my楽天モバイルで利用料金を確認すると、燦然さんぜんと輝く「支払い待ち」の文字。いや、すでにポイント減ってるんだけど。なんで払ってないことになってんの?

2021-09-11

Big Surのメモ検索結果がおかしい

近頃、美しい国では、極右のお友達がいるオバちゃんが、なんちゃって保守政党の総裁選に立候補して大人気らしい。大東亞戰爭の終結から76年もたつのに、いまだにこれである。こんなのが保守とは、三島由紀夫が割腹したくなるのも無理はない(いつの話や)。まあ、多くの國民が望んだ結果こうなってるんだから、これでいいのだろう。

「いまだにこれ」「相変わらず」と言えば、Macの日本語検索(Spotlight検索エンジン)も、登場してからかれこれ長い歴史をもつが、まともに動作しない。

同じキーワードで検索しても、それを含む同一の書類がヒットしたりしなかったり、はたまた、まるで関係のない書類が検索結果に表示されたり。しかも結果がころころ変わって、おかしな状態を再現するのが難しいのでバグを報告しにくい。

macOS Big Sur 11.5.2で再現性のある手順を発見した。次の通りに実行してみよう(新規ユーザを作成して試すほうがよい)。