2019-10-05

マイサポートに表示されるデバイス名が実際のデバイスと一致しない

10月から消費税の税率が10%に引き上げられて5日が経過、いまだに10%税率が適用される商品を購入していない。 9月30日には増税前の買い溜めによって、ドラッグストアなどでトイレットペーパーの売り切れが相次いだというニュースが流れていた。 さすがは歴史と伝統を誇る保守の美しい国の国民、消費者としての行動が理にかなっている。 その日、いつもの通り日課の買い物に出かけた私は、レジの長蛇の列に恐れをなしてすごすごと逃げ帰った。並ぶのは嫌いだ。増税前日だと気付いたのは、その後ニュースを見てのこと。 世紀の愚策 軽減税率だの、貧乏人のためにプレミアム付き商品券を配りましょうだの、ついでにキャッシュレスでポイント還元だの、為政者も万全の体制だと大威張りだし、我が国は当面安泰だ。 この調子で消費税率1000%まで戦い抜こう。超福祉国家の実現はすぐそこだ。 ウチテシヤマム。

ところで、アップル製品でiCloudを使う(Apple IDでサインインする)と、アップルWebサイト上の「マイサポート>マイデバイス」ページに自分の所有しているiOSデバイスやMacの一覧が表示され、サポートや修理サービスを受けるときとても便利である。

先般、新しいアップル製品を買ったので久しぶりに、この「マイデバイス」ページを開いたところ、奇妙なことに気が付いた。私の場合、十数台のMac、iPhone、iPad、iPod touchが表示されるのだが……

マイデバイス一覧に表示されるデバイスの名前と、実際に使っているデバイスの名前が一致していないものがあるのだ。

名前を修正しようにもWebページ上でデバイスの名前を変更するようなUIが見当たらない。はて? どうすれば名前を変えられるのだろう。

アップルのサポートに電話して聞いてみたところ、

iOSデバイスの設定で名前を変更したり、Macの設定で「コンピュータ名」を変更しても、Webの管理画面上の名前とは同期しない。 アップルから公開されている資料に管理画面上のデバイス名を変更する方法について書かれたものはない。

らしい。つまり、公式な方法では管理画面のマイデバイスの名前は変更できない、ということである。

公式な方法はないが、逆立ちしてもできないというわけではなく、一旦、iCloud(Apple IDを使ったサービス)からサインアウトして、サインインし直すと、管理画面のデバイス名も、サインイン時に設定されているデバイス名に置き換わる。

このことから、Macを買ってきたら、Apple IDでサインインする前に、まずコンピュータ名を適切なものに変更しておくように注意するべきであることが分かる。

AmazonやMicrosoftも、Appleと同じように自分のデバイスを管理できるWebページを用意してくれているが、こちらは、Kindle端末ならばWebの管理画面に表示されるデバイスの名前を編集できるし、Windows PCではデバイス側で「コンピューター名」を変更すれば、Webの管理画面上のコンピューター名もちゃんと自動で書き換わる。

アップルさ〜ん、管理画面で名前の変更はできない、デバイス名を変更しても同期しない、デバイス名を同期させるためだけにクラウドサービスのアカウントを再設定しなければならない、てのはマヌケすぎると思うので改善をお願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿